"東神楽町"エリアの読みもの一覧

大粒でツヤツヤとした見た目が特徴的な黒豆。おせち料理の定番としてお正月に食べる人も多いのではないでしょうか。そんな黒豆ですが、実は栄養豊富でさまざまな効果・効能が期待できる食品です。 お正月にしか食べないなんて勿体ない位、豊富な栄養を持つ黒豆について知ると、きっと毎日の食事にも取り入れたくなるでし
肉とたまねぎ、にんじん、じゃがいもを煮てルーを加えれば、簡単に美味しく作ることができるカレー。調理工程も手軽なことから、毎回鍋いっぱいのカレーを作るという家庭も少なくありません。 しかし、カレーはとても傷みやすく、適切に保存しなければ菌が増殖して食中毒の原因になってしまうこともあるでしょう。 そ
お米や野菜、肉、魚、スイーツ、お酒など食の宝庫である北海道!多種多様なグルメがあり、どれを選んで良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか? そんなときに注目したいのが、食のプロや自治体が選んだ「グランプリ」商品です。 北海道では、味や品質に優れた道産食品を発掘し、その魅力を道内外にアピール
いちごの旬と言えば2~4月にかけての冬から春の時期をイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、本来、いちごの旬は冬ではありません。 この記事では、いちごの旬について徹底解説します。本来のいちごの旬の時期やスーパーに流通する時期、美味しいいちごの選び方、夏に美味しい時期を迎えるいちごなどにつ
葉の鮮やかな紫色が特徴的な赤じそと、青々とした青じそ。これらの香味野菜には「紫蘇(しそ)」と「大葉」の2つの呼び方があります。 地域によっては、どちらも紫蘇と読んだり、青じそだけを大葉と呼んだりすることもありますよね。紫蘇と大葉、これらはどう区別されているかご存知でしょうか。 この記事では紫蘇と
東神楽町は旭川市に隣接する、自然が豊かで農業が盛んな町。「花のまち」としても知られ、1894年に当時の「御料地」の貸し下げを受けてから2023年で130年を迎えました。これを記念して造られた、東神楽町産のホップを使ったオリジナルクラフトビールが今、巷で注目を集めています。 本記事では、「東神楽
北海道に、廃校した小学校を活用した「大学」があることをご存知でしょうか? 少子化や人口減少による市町村合併により、全国で学校施設の統合や廃校が相次いでいます。廃校した学校施設の有効活用は、自治体によっての大きな課題のひとつ。そのようななかで今注目を集めているのが、北海道上川郡東神楽町にある「東神楽
「北海道グルメ」と言っても、地方や地域によって顕著に違いが出るもの。豊かな土地と北の荒波が広がる道北では、寒さも厳しく、土地柄と先人たちの知恵を生かした食べ物や食材が豊富に揃っているのが特徴。ほかのエリアとはまた違った、魅力に溢れています。 その土地・その地域で味わってもらうのが一番ですが、近年は