北海道を代表するブランドメロン!夕張、富良野、らいでんの特徴と旬をご紹介

北海道を代表するブランドメロン!夕張、富良野、らいでんの特徴と旬をご紹介の画像

甘くとろける食感と爽やかな香りからフルーツの中でも高級品なイメージが強いメロン。特別な日に添えるフルーツや贈答品としても選ばれていますよね。

北の大地北海道では、メロンの栽培が有名なことをご存知でしょうか?この記事では、北海道のメロン事情について徹底解説。北海道でなぜ美味しいメロンが育つのか知りたい人や、北海道産のブランドメロンについて知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

この記事を読むと分かること

  • 北海道の寒暖差がある気候はメロン栽培に適している
  • 北海道三大メロンは「夕張メロン」「富良野メロン」「らいでんメロン」
  • 熟したメロンは皮の弾力と蔓で見分けることができる
  • 北海道ご当地ラーメン
  • スープカレー特集

北海道で絶品メロンが栽培できる理由

北海道で絶品メロンが栽培できる理由

北海道は、じゃがいもやとうもろこしなどイモ類や穀物の栽培で有名です。広大な大地を活かした農作物の栽培を行っていますが、一方で寒暖差が激しく夜の寒さが厳しいため、北海道では限られた作物でないと育てるのが難しいという一面もあります。

そこで、一日の寒暖差が厳しい北海道の気候を活かして栽培されはじめたのがメロンでした。メロンは日中に暖かな日光を受けて養分を蓄え、夜に日中に蓄えた養分を使って呼吸をしながら育ちます。
つまり、夜に養分を使い切ってしまうと実がよく育たないため美味しいメロンに育たないのです。

北海道で育つメロンは日中にたくさんの養分を蓄え、夜には厳しい寒さでメロンの活動を最低限に抑えることができます。つまり、夜に養分を使う量を減らせるため、どんどん実に栄養が蓄えられていくのです。

寒暖差が激しく、肥えた土壌を持つ北海道はメロン栽培に適した土地だと言えるでしょう。

メロンの主な生産地とは

メロンの主な生産地とは

メロンは寒暖差の大きい土地や、水はけがよく栄養豊かな土壌で美味しく育ちます。日本で最も多くメロンを生産しているのは茨木県、次に熊本県が続き、北海道は生産量第3位です。

全国 147,900t
茨木 33,500t
熊本 24,400t
北海道 21,800t

国産メロンは主に高級品として取り扱われているため、輸入による供給も多いです。輸入の場合は、主にメキシコやアメリカから輸入されています。
参照:令和2年産野菜生産出荷統計

赤井川産ハウス赤肉メロン ルピアレッド 2玉
連農園
赤井川産ハウス赤肉メロン ルピアレッド 2玉
3,500(税込)

これぞ北海道メロン!ルピアレッド
北海道の主力とも言える、赤肉品種のメロンです。果肉が濃いオレンジ色をした「ルピアレッド」は、甘みが強く、ジューシーなうえ、食感もなめらかで満足度の高い品種。熟してくると、芳醇な香りが漂うのも特徴です。赤井川村は盆地特有の内陸性気候で、昼夜の寒暖差がメロンをよりあまーく育ててくれます。

【2021年】米国へのメロン輸出が可能に

米国へのメロン輸出が可能に

日本のブランド化されたメロンは、世界からも高い評価を受けています。しかし、これまでアメリカは日本産メロンの輸入を禁止していました。

しかし2021年11月より、アメリカにもメロンの輸入が可能に。日本のブランドメロンはますます世界へと広がっていくことでしょう。

夕張メロンの知名度が高い理由

北海道で特に知名度が高いのは夕張メロンです。もちろん、品質の良さで知られた面もありますが、一時期爆発的に知名度が上がったきっかけになる出来事があったようです。

それは、昭和の名野球選手・王貞治がヒーローインタビューで「夕張メロンが好き」という旨のコメントをしたことがきっかけ。このコメントがマスコミに取り上げられたことから、夕張メロンの名前が多くの人に知られました。

しかしながら北海道には夕張メロンの他にも高品質で美味しいメロンが栽培されています。次の項では北海道の三大メロンについてご紹介します。

北海道三大メロンとは

北海道三大メロン

夕張メロン以外にも、全国的に人気が高い北海道産のメロンがあります。

  • 夕張メロン
  • 富良野メロン
  • らいでんメロン

これら3つは北海道三大メロンと呼ばれ、北海道を代表するブランドメロンとして全国各地から高い評価を得ています。

【ブランド別】メロンの特徴と旬

続いては北海道で栽培されているブランドメロンについて紹介していきます。北海道のメロンはブランドごとにさまざまな特長があります。ぜひ品種ごとの特長や違いを知り、メロンを選ぶ参考にしてみてください。

夕張メロン

夕張メロン

メロンの王様とも名高い夕張メロン。オレンジ色の果肉が特長で、とろける食感を持つ高級品の代名詞とも言えるメロンです。例年、初セリで高額の競りが行われることも有名で、最高で2玉500万円の値が付いたこともあるそうです。

甘みがとても強く、香り高いためスイーツなど加工品にも用いられます。

夕張メロンはJA夕張市により商標登録されているため、夕張で育ったメロン以外は夕張メロンとして販売できません。また、夕張メロンの品種が他に流出することを防ぐため、夕張メロンは一代雑種として交配されています。つまり、夕張メロンの種を植えても夕張メロンは育たないということです。

夕張メロンは高い品質を保つために、品質検査と選定も厳しく行われており、特秀、秀、優、良の4ランクに分けられて出荷されます。

富良野メロン

富良野メロン

富良野エリアで栽培されているメロンを、富良野メロンと呼びます。品種はさまざまですが、全体的に糖度が高いのが特長。しっかりした果肉のものが多く、食べ応えがあるのも富良野メロンが好まれるポイントです。

ルピアレッド

オレンジっぽい果肉が特長のルピアレッドは、平均糖度が15度と強い甘みを感じられるメロンです。
滑らかな食感ですが、果肉はしっかりとしており食べ応えもあります。熟すと特に香りが強くなるため、追熟にしっかり時間をかけて食べるのがおすすめです。

ルピアレッドは富良野以外の場所でも栽培されていることが多いメロンです。しかし、富良野のルピアレッドは特に甘く、果肉に厚みがあるのが特長。他の地域のルピアレッドと食べ比べてみるのもおすすめですよ。

ティアラ

ティアラはルピアレッドと同じくオレンジ色が特長的な赤肉メロンの一種です。
ティアラの一番の特長は種の部分が小さいこと。そのため、果肉部分が厚くなっていて、メロンを食べた満足感を十分に味わえることでしょう。

ティアラは糖度が上がりやすいため、早めに収穫して追熟を待つのに適しています。日持ちが良く贈り物などにも適しているメロンです。

キングメルティ

キングメルティは富良野メロンの中でも生産量が少なく「幻のメロン」と呼ばれています。糖度が高く、中には糖度18度に達するものもあるようです。きめ細やかで滑らかな果肉と、香りの高さも人気のポイント。

上品な甘みが口の中に長く残るため、メロンの余韻まで楽しむことができます。

天恵

天恵は、皮の網目がとても細かく強度が強いことでも有名な富良野メロンを代表するメロンです。他の地域でも作られている品種ですが、富良野で栽培される天恵は特に鮮やかな青肉(緑色の果肉のこと)と爽やかな風味が特長です。

上品で繊細な味わいのある天恵メロンは年配の方からも人気が高いことで有名です。

らいでんメロン

らいでんメロン

共和町の特産品でもあるらいでんメロンは、道内をはじめ関東や関西にも出荷されている北海道を代表するメロン品種のひとつです。メルティング質と呼ばれる滑らかな食感が特長。果汁がジュースのように溢れ出し、メロンの甘みや豊潤な香りを余すことなく味わえます。

全国的に評価が高く、高級メロンのひとつとして贈答品にも選ばれるメロンです。

三笠メロン

富良野エリアの西南側に位置する三笠市。三笠メロンは、三笠市が誇るブランドメロンです。
果汁が多く、とろけるような柔らかな食感が特長。遠目から見ると網目が分からない位ビッシリとついているのも三笠メロンならではです。

摩周レッド

摩周湖がある弟子屈町で栽培されている摩周レッドは、赤肉と強い甘さが特長的なメロンです。摩周レッドの青肉バージョンを摩周メロンと言い区別されています。

摩周レッドは主に川上郡周辺でのみ流通しています。一般市場に出回るのは少ないそうです。北海道観光をしていて摩周レッドを見つけたら、ぜひその場で食べてみるのがおすすめですよ。

IKメロン

IKメロンは、小林 勇さんというメロン生産者が生み出した品種です。生産者のイニシャルを取ってIKメロンという名前が付けられたんだとか。

鮮やかなオレンジ色をした赤肉メロンで甘みも強い王道のメロンです。IKメロンには早春系、春系、夏系、盛夏系の4品種があり、それぞれ日持ちや味わいに違いがあります。特におすすめなのは甘みや香り、果肉の食感が良い早春系。ただし、あまり日持ちしない種類なので購入後はできるだけ早く召し上がってくださいね。

月形メロン

月形市で栽培されている月形メロンも北海道では有名なブランドメロンのひとつです。月形市周辺は特に寒暖差が激しく甘みの強いメロンが育つことでも知られています。

月雫(MK-127)

月形メロンの一種である月雫(つきのしずく)。濃厚な甘みと湧きあ上がるような豊かな香りが特長のメロンで、よく似た品種に「月しずく」があるようですがこれとは違う物です。

月形メロンを代表する品種のひとつで、同じく月形メロンである北の女王と食べ比べセットとして流通していることも多いです。

北の女王

鮮やかなオレンジ色の赤肉を持つ北の女王。月形メロンを代表する品種のひとつで、女王の名に相応しい高い糖度を持つ絶品メロンです。日持ちするため贈答用としても選ばれており、さっぱりとした爽やかな甘みは高級感を感じやすいとして人気が高くなっています。

北海道メロンの旬の時期とは

北海道メロンの旬の時期

メロンは品種によって旬の時期が異なります。絶品メロンを一番美味しいタイミングで食べるなら旬の時期を知っておくと良いでしょう。

夕張メロン 6月~8月下旬
富良野メロン 5月~10月
らいでんメロン 6月下旬~10月
三笠メロン 7月上旬~8月上旬
月形メロン 6月中旬~9月中旬

北海道産メロンの相場

高級フルーツの代名詞であるメロン。ブランドごとの相場価格は以下になります。

1玉の相場価格

  • 夕張メロン 4,000~10,000円
  • 富良野メロン 1,500~2,000円
  • らいでんメロン1,000~2,000円

夕張メロンは特に高級メロンとしてブランディングされているため、ランクによっても価格が大きく変わります。

絶品!北海道産メロンを使ったスイーツ

絶品!北海道産メロンを使ったスイーツ

北海道を代表するフルーツであるメロン。そんなメロンを活かしたスイーツやお菓子がたくさんあります。

北海道を訪れた際に食べたくなるメロンを使ったスイーツを紹介します。北海道土産や、北海道の味を自宅で味わいたい人のためのお取り寄せアイテムとしても人気のものばかりです。

夕張メロンピュアゼリー(HORI)

夕張メロンピュアゼリー(HORI)

北海道土産としても特に人気が高い夕張メロンピュアゼリー。北海道砂川市に本社を構える大手製菓メーカーHORIが販売している人気商品です。

夕張メロンを贅沢に使ったゼリーは、本物のメロンさながらのジューシーな美味しさやメロンの香りを楽しむことができます。さらにメロン果肉を使用した夕張メロンピュアゼリー プレミアムも販売中。大切な人への贈り物や手土産にもぴったりの一品です。