当別町

Tobetsu

当別町はスウェーデンがある街として知られています。高級住宅街、スウェーデンヒルズは、札幌のビジネスパーソンが密かに「定年退職したら住みたい」と思っている場所です。
この住宅街はスウェディッシュにするために、赤茶色の壁のスウェーデン住宅しか建てることができません。
形だけ北欧の真似をしているわけではなく、スウェーデンとの交流も行なっています。

当別町は農業も盛んで、コメ、麦、大豆、小豆、花を栽培していて、牧場もあります。
自社農場で育てた豚をハムやベーコンに加工して販売しているところもあって、当別は「おいしい街」です。
札幌から車で40分しか離れていないので、移住をしたいけど都市機能も頻繁に利用したい人には候補地の1つになるはずです。

当別町ってどんなところ?

スウェーデンヒルズ

スウェディッシュな街

当別町のスウェーデンヒルズは、東京の株式会社スウェーデンハウスが当別町につくった、スウェーデンをモチーフにした高級住宅街です。
「住宅と住宅の間の境は生垣か樹木にしなければならない」「道路から3m離して家を建てなければならない」「家の高さは10m以下にしなければならない」「外壁が赤茶色のスウェーデン住宅しか建てることができない」といったこだわりがあります。

北欧好きな日本人は多くいますが、ここまでスウェディッシュな空間は、国内を見渡してもそうはないでしょう。スウェーデンも北国なので、ここの街並みは北海道の雪にもマッチします。
しかも、単にスウェーデンをコピーしたのでなく、地域内には一般財団法人スウェーデン交流センターを置き、日本とスウェーデンの経済的、文化的交流を進めています。
移住先や別荘地の候補の1つになるはず。宿泊体験もできます。
ジビエ

おいしい加工肉がたくさんある

当別には、高い技術を持った加工肉店があります。

【浅野農場スマイルポーク】は、自社農場で豚を育て、その肉でハム、スモークベーコン、ウインナーなどをつくっています。豚の餌には当別産の小麦を混ぜ、豚の寝床にはもみ殻をふんだんに盛り、ストレスを軽減させています。

【ハレルヤ農産】は、無菌施設で抗生物質を含まない餌を食べて育ったSPFポークを使って、ロースハム、フランクフルトなどをつくっています。農薬と化学肥料を使わずにつくったカボチャも自慢です。

【ジビエ工房 DeerShop】は、エゾシカ肉の加工品を扱っています。シカ肉は高タンパク、低脂肪、豊富な鉄分が特徴で、野趣あふれる味を楽しめます。シカ肉バーガーやシカ・ホットドッグもあります。

※画像はイメージです
道民の森

道外の方も「道民の森」へどうぞ

道民の森は、北海道が北海道森林整備公社に管理を委託している、自然のなかで遊ぶ場所です。当別町と月形町の2町に6つの地区を設け、その総体を道民の森と呼んでいます。
それぞれの地区に、森林学習センターや体育館、宿泊棟、コテージ、キャンプ場、花畑などを設置して、昆虫採取や川遊びができるところもあります。
公営なのでほとんど無料または格安料金で利用できます。

当別町の主なイベント

2月 あそ雪の広場
6月 夏至祭
7月 亜麻まつり
8月 さん・産・フェスタ
1月 ~ 12月 道民の森「星の観察会」

当別町の企業一覧

COMPANY
ココチヤ
kokochi屋
kokochi屋のイメージ
今、ここにあるものに新しい価値を見つけ、誰かに役立つものとして届けたい。そんな想いを大切にしながら、地元の農作副産物や植物が持つ魅力を生かした雑貨を作り始めて11年ほどになります。天然素材ならではのクッション性とフィット感が味わえる「もみがら」シリーズは、米の副産物を使用したもの。カイロに使っている大豆は、一般には流通しない規格外のもの、いわゆる「ハネ品」を使用しています。そのままでは捨てられてしまうものの良さを見つめ直すことで、最後まで有意義に使ってあげたい。そんな想いで手仕事を続けています。
ベジヒルズ
VEGGIEHILLS(ベジヒルズ)
VEGGIEHILLS(ベジヒルズ)のイメージ
直売所で出会ったミニトマトの美味しさに感動して、2019年に関東から北海道へ移住。当別町の皆さんに助けられながら、2020年に夫婦で自身の農園「VEGGIEHILLS(ベジヒルズ)」を始めました。60a(アール)と小さな敷地ゆえ、収穫量に限りはありますが、それでも夫婦ふたりには十分。自分たちの目が行き届き、手の届く広さで、農薬や化学肥料を使わない野菜づくりをしています。微生物が働く豊かな土壌と植物の力を引き出すため、不耕起に近い栽培方法というのが私たちのこだわりです。かつて自身が感動したミニトマトのように、本来の味と栄養素、とびきりのフレッシュさを備えた野菜をお届けできるよう日々奮闘中です。

当別町の読みもの

ARTICLES